無意識の依存はコワい(甘えることは大事だけど)

この記事は2分で読めます

Pocket

尊敬できるような立派な人や良書に出会っても、

盲信し過ぎないように、

 

出来るだけ批判的な目を持つように心がけています。

 

具体的には、

情報はそのまま鵜呑みにしないで、

 

ネットで調べて確認したり、

同じカテゴリーの本を読んだりします。

 

なんでか、というと思考的に依存したくないからです。

信じすぎる

なんでも信じる(盲信)

自分で思考せず、頼るようになる

その人(やモノ、考え方、存在)が無いと不安になる

依存

 

誰かに依存するとすごく楽です。

考えなくていいって、楽なんですよね。

 

だけど、それはゆっくり腐っていく感じで、

いずれ自分で思考できなくなってしまいます。

 

わたしは子どもの頃、

親から虐待を受けていたから、

 

親という存在を全く信頼していません。

 

だからか、誰かを盲信したい、という欲求が強くありました。

でも、

安定して穏やかな状態を保つためには、

誰かに依存してはダメですね。

 

妄信する何かを見つけても、

依存した何かに、

常に左右されてしまいます。

 

疲れるけど、

自分で考え、努力を続けなければ、向上しないなぁ。

 

それどころかどんどん退化するなぁ。

 

そう実感してます。

 

 

本やインターネット、

信頼する人の情報、

家族や友人、

保育園、などに、

 

部分的に甘えたり頼るのは、生きていくうえで必要ですよね。

私も毎日、ご近所さんや友だち、

保育園などの助けのおかげで、

 

なんとか3人の子どもを育てられています。

 

1人だけで生きてる人なんていません。

 

でも、全面的に頼って依存してはいけない。

 

学資保険や積立保険、

勤める会社、アルバイト先、

扶養してくれる配偶者や家族などに、

物質的に依存しない。

経済的に、自立する努力をする。

 

自分のことは自分で出来るようになる。

 

芸能人や尊敬する人、

好きな専門家や、

親や家族、

医者や弁護士を含む先生などには、

 

思考的に依存しない。

参考にするし、

いろんなことを知ったり興味を持つきっかけとはなる。

 

けれど、

誰の情報も自分で調べ、確認し、判断する。

 

自分で料理するから、

ひとの作った料理が美味しいと感じる。

 

自分でお金を稼ぐから、おごってもらった時ありがたいと感じる。

 

自分で考えるから、自分なりの答えを得た時の喜びがある。

 

たとえ親であっても、

恋人であっても、配偶者であっても、

 

全てを鵜呑みにして妄信しない。

 

思考的にも、物質的にも、依存しない。

しんどいけど、

『自ら立つ』努力をしないと、

 

立ちたくなったとき立てなくなっちゃうよ。

 

と思うのでした。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. souji_ofuro
  2. 20160713134914
  3. food
  4. 51LFoZbIHPL._SY340_BO1,204,203,200_
  5. EcwOtgUiAodkH3w1485150257_1485151372
  6. tv
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高校中退アホ女子が起業して年収1000万を得たストーリー

  1. キャプチャ
  2. 1
  3. 2

Feedlyで購読する

follow us in feedly

中村華子プロフィール

キャプチャ

はじめまして、中村華子です。
3人の子どもと暮らすシングルマザーです。

親から虐待されて育ち『支配される恐怖』のなかで子ども時代を過ごしました。

アホ女子高校を中退しフリーターしていましたが、

『一生、誰にも支配されない生き方がしたい』と25歳だった2006年に起業し、1年で年収1,000円になりました。
↓2年続けて、本を二冊、出版しました↓


 
女子でも、

学歴も、才能もセンスも、

コネも人脈も、 経験も特技も、

何にもなくても、

依存せず自立できることを、身をもって体験しました。

 

少し昔の私と同じように『今を変えたい!』と思っていたら、
大丈夫です、ぜったいあなたでもできます!と伝えたい。

そのために、私の経験や知っていることを活かして欲しい。 そう思って、ブログを書いています。


もしすこしでも私のことに興味を持たれたら、ためしに読んでみて下さい!

アホ女子高校を中退したフリーターが、起業して年収 1000 万を得るまでレポート

 

1
もし長い文章でも良ければ、こちらも読んでいただけると嬉しいです。
(左の画像をクリックすると、ストーリーが読めます)

恋愛、仕事、起業、二度の結婚と離婚、出産、子育てなどなど、隠すことなくいままでのすべてをさらけ出した、私の生い立ちストーリーです。
寝不足になってしまう、と好評です(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ポチって下さると嬉しいです