エルゴの抱っこひもでおんぶしたら世界が変わった。なんでもできるぜ~!

この記事は4分で読めます

Pocket

抱っこでやっと眠ってくれたベイビー、
 
なんでお布団に置くと起きちゃうの…!
 
 
 
抱いてないと大泣き>_<
 
 
 
泣かせっぱなしは胸が痛いし、
 
抱きっぱなしじゃ、なにもできん>_<
 
 
 
 
次男が産まれたばかりの時の、
私の心境です(笑)。
 
 
 
 
子どものいない人には分からない話しですよね、
すみません(^_^;)
 
 
赤子のママ、あるあるです(笑)。
 
 
 
 
次男が産まれたばかりの時、
家事や仕事が出来なくって、
 
 
ほんとに困りました。
 

抱いてないと、次男が泣くから( ;´Д`)
 
 
 
いつも泣かせっぱなしは気がひけて、
 
抱っこしたら何も出来ず…。
 
 
 
離婚する前は
パパが抱っこしてくれて家事やなんやができたけど、
 
離婚したらそーはいかないですよね。
 
 
 
 
買い物行くときも、
 
トイレ行くときも、
 
お風呂入るときも、
 
髪を乾かすときも、
 
お料理するときも、
 
 
ずーーーーーーーっと抱っこ。
 
 
 
抱っこヒモ使えば両手は空きます。
 
 
 
 
でも、
抱っこした状態では包丁も握れない。
 
 
やったら分かります、
超コワイんです。
 
 
誤って赤ちゃんの足とか切っちゃったら、最悪じゃないですか。
 
 
 
 
火も使えない。
 
これも、やったら分かりますが、
本気で抱っこヒモ燃えそうでコワイです。
 
 
 
事務仕事しよーにも、パソコンのキーボードが遠い(笑)。
 
 
 
はかどるワケ、ありません。
 
 
 
めちゃめちゃ可愛いんですけどね、
 
抱っこしてたら幸せなんですけど、
 
 
 
でも何もできない…_| ̄|○
 
 
 
次男がうまれた当時、
2歳だった長女に抱っこをせがまれたら、
 
 
次男をおろして、
次男の泣き声をBGMに、
 
長女を抱っこするしかありませんでした。
 
 
 
でも、
次男がかわいそうだし後ろめたいし、
罪悪感を感じて、
 
泣かせっぱなしはほんと辛い。
 
 
 
次男を泣かせたくなくて、
 
長女に抱っこを我慢させたことも、何度もありました。
 
 
 
 
でもでも!!
 
 
 
 
そんな苦悩の5カ月を経て、
 
やっとおんぶ出来た時の嬉しさ!
 
 
(おんぶは首がしっかり座った=グラグラしなくなった5カ月以降から、と言われています。)
 
 
 
 
感動でした。
 
 
 
 
だって、なんでも出来るんだもの!
 
 
 
 
お料理も、
 
配膳も、
 
お皿洗いも、
 
洗濯物畳みも、
 
事務仕事も、
 
上の兄姉のお世話も、
 
片付け、そうじ、読書…
 
 
 
長男や長女を、抱っこすることも余裕でできます!!
 
 
 
子どもを前と後ろに、
おんぶして抱っこして、ってスタイル。
 
 
 
見た目は大変そうですが(実際重いけど)
 
 
精神的にはすごく楽です。
 
 
 
子どもを泣かせなくて済むんですもん。
 
 
 
誇張でもなんでもなく、
あたしはマジで、いっつもおんぶしてました。
 
 
 
お風呂と寝るとき以外、
家でも外でもずっとおんぶ!
 
 
 
朝、次男が目覚めてから、夜ベッドに潜るまで、ずーっと。
 
 
 
おんぶしたら、
赤ちゃんは泣かないし、なんでも出来ます。(重いけど)
 
 
 
やりたい事が出来ないのは、すんごいストレスですよね。
 
 
それでなくてもストレスが多い育児。
 
 
ニコニコ笑顔で育児するためには、
 
積極的にストレスを減らす必要があります。
 
 
 
赤ちゃんが泣かず、
ママのやりたい事がなんでも出来て、
 
そのうえ密着できてほんと幸せ!
 
 
そんな、
おんぶ対応の抱っこひも、
長男と長女の時に知ってたら絶対買ってたのにな〜>_<。
 
これ、ほんとに超おススメです。
 
 
 
出産前に買っといて、ほんとに良かった。
 
ちなみに、
意外と黒・紺とかの暗い色のほうが汚れが目立つので、
明るい色がおすすめです。
 
 
 
おんぶできない新生児のときは、これ使って抱っこしてました。
 
慣れちゃえば一人で簡単におんぶ出来ます。
(背中にしがみつけない乳幼児を背負うには、コツがいりますが(^_^;))
 
 
 
我が家の次男は2歳になりましたが、
今でも時々おんぶしています。
 
遠出するときは欠かさず持って行ってます。
 
 
子どもが疲れちゃったとき、
 
眠そうなとき、
 
ぐずったとき、
 
 
歩かせるよりだおんぶしたほうが早い(笑)。
 
 
両手が空くから荷物も持てるし、
 
次男をおんぶして、
 
兄姉と手をつないで歩くことも多いです!
 
 
 
4歳まで使えるそうです。
 
4年間も使えるなんで、超コスパ良くないですか!?
 
 
4歳の娘にせがまれておんぶすることもあります(笑)
 
 
 
あ、ちなみに、
抱き癖つくからギャン泣きさせて放置、とか、
 
ありえません。
 
 
(抱き癖とは、
読んで字の如く、抱っこされる癖がつくという考え方。
 
ずっと抱っこしてると、抱っこされるのが当たり前になっちゃうよ、と。
 
だから、出来るだけ抱っこしないという人もいます。)
 
 
 
大人の都合が良いように解釈して、
 
子どもに無理をさせる育て方のひとつだと思います。
 
 
 
抱き癖ってなんだよって感じです。
 
 
 
20歳になって、
 
ママ抱っこ〜とか言ってる人、いないじゃないですか。
 
 
個人差はもちろんあるけれど、
 
『その子のその時』が来たら、ちゃんと自立します。
 
 
 
大人が楽するために、
 
無理に自立を図るのは、不可能です。
 
 
 
無理な育て方をして、
 
子どもがもし自立したように見えたら、
 
 
 
その子は失望してるか絶望してるか、恐怖してるかです。
 
 
 
だから、大人に頼らないよう努力する。
 
 
 
それ、自立じゃないですよね??
 
 
 
 
私も大人の都合を強いる育て方をされたので、よく分かります。
 
 
 
 
ほんとに子どもに自立して欲しかったら、
 
たくさん甘えさせて、
 
たくさん抱っこして、
 
 
あなたは、
ここにいるだけで価値がある存在なんだ、
 
生まれてきてくれてありがとう、
 
世界で一番偉くって、可愛くって、愛されてるんだよ、
 
 
という言葉とメッセージを、
 
繰り返し伝えるしか無いと思います。
 
 
 
愛されてると確信している子どもは、
甘ったれなんかになりませんよ。
 
 
(過保護と、甘やかすこと愛することは、全っ然ちがいます。
 
過保護は、
子どもが求めてないことまで手出し口出しすること。
 
 
子どもの目の前の石を、つまずかないように…と取り除くこと。
 
子どもの傘を、雨に濡れないように…と大人がさすこと。
 
 
 
それが過保護です。
 
過保護にしたら、
 
 
 
子どもがつまずいても一人で立ち上がれなくなったり、
 
自分で石を避けることが出来なかったり、
 
自分で傘をさせなくなったり、
 
 
自分のことがなんにもできない、
 
失敗に耐えられない子どもになっちゃいます。)
 
 
 
子どもが甘えてきた時に受け入れる。
 
それだけで、十分なんですよね。
 
 
 
だいぶ話が逸れちゃいましたが(^_^;)
 
 
 
特に一人目の子どもは、
 
慣れない育児と思う通りに行動できないことが、
とってもストレスです。
 
 
 
あたしはおんぶをすることで、
 
育児のストレスがずいぶん減って、
 
ほんとに楽になりました。
 
 
 
メイドに囲まれてて、あたしは寝てるだけでいいのー
 
 
という貴族以外のママには、おんぶ超オススメよ。
 
 
というか、おんぶするしかないよ!
 
と思うのでした。
 
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高校中退アホ女子が起業して年収1000万を得たストーリー

Feedlyで購読する

follow us in feedly

中村華子プロフィール

キャプチャ

はじめまして、中村華子です。
3人の子どもと暮らすシングルマザーです。

親から虐待されて育ち『支配される恐怖』のなかで子ども時代を過ごしました。

アホ女子高校を中退しフリーターしていましたが、

『一生、誰にも支配されない生き方がしたい』と25歳だった2006年に起業し、1年で年収1,000円になりました。
↓2年続けて、本を二冊、出版しました↓


 
女子でも、

学歴も、才能もセンスも、

コネも人脈も、 経験も特技も、

何にもなくても、

依存せず自立できることを、身をもって体験しました。

 

少し昔の私と同じように『今を変えたい!』と思っていたら、
大丈夫です、ぜったいあなたでもできます!と伝えたい。

そのために、私の経験や知っていることを活かして欲しい。 そう思って、ブログを書いています。


もしすこしでも私のことに興味を持たれたら、ためしに読んでみて下さい!

アホ女子高校を中退したフリーターが、起業して年収 1000 万を得るまでレポート

 

1
もし長い文章でも良ければ、こちらも読んでいただけると嬉しいです。
(左の画像をクリックすると、ストーリーが読めます)

恋愛、仕事、起業、二度の結婚と離婚、出産、子育てなどなど、隠すことなくいままでのすべてをさらけ出した、私の生い立ちストーリーです。
寝不足になってしまう、と好評です(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ポチって下さると嬉しいです