辛い過去の克服法と、才能の見つけ方

この記事は3分で読めます

Pocket

 
 
子ども虐待防止イベント、オレンジゴスペル2017の千葉会場の実行委員長をさせていただくことになりました。
 
5~7月くらいにお話をいただいて(あやふや)、10/27の開催が近づき。ただいま大詰めです。
忘れてるコトが大量にありそうで、超不安です(笑)
 
先日の世界大会的なボクシングで
国家独唱した鈴木瑛美子さんがご家族で生歌をご披露下さるとのことで、
たくさんのお方がご来場予約くださっています。
 
スギモト☆ファミリー

 
鈴木瑛美子さん

 
(でもまだまだお席はあるので、ご都合よかったら是非です!!)
(チケット購入はこちらから↓)
https://t.livepocket.jp/e/orangechiba
 
(net購入がご面倒でしたら、メールをいただければ前売り価格にてお取り置きも致します!)
hanako@nakamurahanako.com
 
 
 
わたしはゴスペルぜんぜん歌えないのに実行委員長で、
しかも当日のトークショーにてお話しさせていただくことに。
 
一昨年の東京会場でお話しして以来、2年ぶりです。
 
そこで、今年の大きな事件のひとつである、
虐待されていたことや、
母との確執を解消できたこと、
ブログはこちら 『虐待の記憶、やっと克服~!!』
 
その、腑に落ちた経緯などをお話ししたいと思っています。
 
 
今まで、
いくら【ゆるし】とか【かんしゃ】とか聞いても言っても思っても、
心のどこかに拒否反応が出てしまってました。
 
許してあげなければならない。
認めてあげなければならない。
 
そう思えば思うほど、
本心でそう思えない自分自身を責める思いもありました。
 
 
母も辛かったんだろうな、
あたしにとって必要な経験だったのかな、
などなど、
 
どうがんばっても考えても、
虐待という行為を肯定することはできなくて、
 
『なんであたしがあんな経験しなきゃいけなかったんだろう』
『いやいや、虐待は悪でしょ』
 
ってところに帰ってきてしまう。
 
 
でも、

今の自分の価値・才能をはっきりと認識できて、
『あぁ、いまの(こんな才能あふれる天才的なw)あたしがあるのは、母のおかげだったんだな』
と思えるようになりました。
 
 
過去の自分や、過去の出来事
またそれにかかわった人などを許せないのは、
 
今の自分の価値や才能に満足できていなかったり、自信が無いから。
 
 
過去を良い悪いで判断せず、事実として受け入れ、
かつ【今の自分を創り上げた要素のひとつ】として感謝するためには、
 
今の自分の価値・才能を、
はっきりと認識できなければならない。
 
 
そうじゃないと、
自信がない、理想の状態ではない【イマ】を、
過去のせいにしてしまう。
 
 
これは表面的に、いま満たされていると思い込もうとしても
無理なんですよね。
 
 
わたし自身、何度も経験してきたから、よくわかる。
 
今まで何回も、
 
「あなたのためを思って育ててたに違いないんだから」
「子どもを思ってない親なんていないの」 
「あなたが思うより、子どもの愛より親の愛は深いのよ」
「お母さんを責めるのはいけないことよ」
 
などなど言われて、
わぁぁぁウンザリだな★って思ってきましたから(笑)。
 
それは世間一般の(もしくは話し手の)常識とゆーか思い込みの中のことであって、
いろんな考え方や事実がいっぱいあるのです。
 
 
現在は、過去の総体だから、
いかに自分が才能がある、価値のある存在かを理解すれば、
 
『今の自分の価値は、親との過去が育んだ。
いろんな過去の結果、今のすばらしい自分がいるんだ』
 
って腑に落ちるんだと思います。
 
 
たとえば、
自分にピカソみたいな才能があったら、
親や過去を恨むでしょうか。
 
好きな有名人、尊敬する偉人、あこがれの人、
そんな人たちと同じ才能があなたにあったら、
 
あの過去があって、だからこそ伸ばされた才能がある。
そう思うんじゃないでしょうか。
 
 
そして、その才能は、
一部の限られた人に与えられたものではないんです。
 
誰しも、
自分にしかない才能を持っています。
 
 
じゃあ、どうしたら、
自分の価値・才能が分かるのかというと、
 
まず、思いつく限りの
・うまくいったこと
・褒められること
・うまくできること
・人から求められる、頼まれること
・人に喜ばれること
・成果を出したこと
・人から評価されたこと
を書き出すんです。
 
人生すべてを見返して、
2歳とか3歳とか、
小学校時代とか、
すごく昔の記憶までさかのぼって、全部書き出します。
 
 
そうすると、いっぱい出てくるんですよね。
自分の得意なこと・才能を活かしてることが。
 
 
 
全部書き出したら、
得意なことたちの共通点を探します。
 
共通していること、特性が
才能です。
 
 
過去から現在にわたって、自分にしかできないことをして、
誰かに喜んでもらっているんです。
 
それがどれだけ大きな価値か。
 
 
喜んでくれた人をするのもいいかもしれませんね。
自分の価値が見える化されて、分かりやすいですよね。
 
 
辛い記憶を克服したい人だけでなく、
自分に何ができるのか明確でない人にもおすすめです☆
 
 
と、いうことで笑(まとまりなくってすみません;)
オレンジゴスペル千葉、ぜひ遊びにいらしてください(*´▽`*)
 
https://t.livepocket.jp/e/orangechiba
 
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高校中退アホ女子が起業して年収1000万を得たストーリー

Feedlyで購読する

follow us in feedly

中村華子プロフィール

キャプチャ

はじめまして、中村華子です。
3人の子どもと暮らすシングルマザーです。

親から虐待されて育ち『支配される恐怖』のなかで子ども時代を過ごしました。

アホ女子高校を中退しフリーターしていましたが、

『一生、誰にも支配されない生き方がしたい』と25歳だった2006年に起業し、1年で年収1,000円になりました。
↓2年続けて、本を二冊、出版しました↓


 
女子でも、

学歴も、才能もセンスも、

コネも人脈も、 経験も特技も、

何にもなくても、

依存せず自立できることを、身をもって体験しました。

 

少し昔の私と同じように『今を変えたい!』と思っていたら、
大丈夫です、ぜったいあなたでもできます!と伝えたい。

そのために、私の経験や知っていることを活かして欲しい。 そう思って、ブログを書いています。


もしすこしでも私のことに興味を持たれたら、ためしに読んでみて下さい!

アホ女子高校を中退したフリーターが、起業して年収 1000 万を得るまでレポート

 

1
もし長い文章でも良ければ、こちらも読んでいただけると嬉しいです。
(左の画像をクリックすると、ストーリーが読めます)

恋愛、仕事、起業、二度の結婚と離婚、出産、子育てなどなど、隠すことなくいままでのすべてをさらけ出した、私の生い立ちストーリーです。
寝不足になってしまう、と好評です(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ポチって下さると嬉しいです